アケコン

アローンのアケコン『GAMING ARCADE STICK』をレビュー!

2020年11月30日に発売した『GAMING ARCADE STICK』。

ノーマークだったため発売日の前日に気づきました…。

もちろん!

急いで予約しましたよw

 

じゃーんっ☆

 

さっそく使ってみて感じたことをレビューしていきますね。

独特な仕上がりに個性を感じましたよ。

 

ALLONE(アローン)とは?

レビューをする前にアローンさんについて。

ゲームの周辺機器などを販売しているメーカーです。

ニンテンドースイッチのパッドなどが特に評判が良いですよ。

 

そんなアローンさんのラインナップについにアケコンが登場!!

実力はいかに!?

 

…こんな感じです。

で、私自身「アローンって聞いたことないな…。どこのメーカーだ?」と思ったんですね。

調べてみました。

 

するとあらビックリ。

実は、日本のメーカーだったんですよ!

てっきり海外だと思ってました。

アローンさんすいません(._.)

 

アローンのアケコンのデザイン

箱を開けるとコンパクトなアケコンがお目見えしました!

 

「ん…?どっかで見たことあるぞ??」

第一に思ったのがこれでした。

 

RAP.V サイレント HAYABUSAの天板にそっくりなんですよねぇ~。

 

天板がツヤツヤで、墨で描いたような絵。

シンプルな見た目は嫌いな方は少ないはず。

このデザインはなかなかいいぞ!

 

…あれ?

スティックがないぞ??

と思ったら、背面の蓋の中に入ってました。

 

なんと脱着式なんですよ!

おおっ~。

こだわってるぅ~♪

 

付属のスパナで締めて完成!!

 

アローンのアケコンの接続方法

さっそく使ってみるぞ!

ということで、PS4にUSBケーブルをさしました。

 

あれ…?

反応しない。

うんともすんともいわないのです(´;ω;`)

 

困ったので説明書を読んでみるとこう書かれてました。

  • PS4コントローラーを本製品側面のUSBポートに接続します。
  • 本製品のHOMEボタンを短く押すと接続完了となります。

 

まじか…。

これ、要するに『乗っ取り型』というやつです。

アケコンに純正コントローラーを有線接続しないと操作できないんですよ。

ひざ置き時にPSコンが邪魔なんですよねぇ…。

皆がイメージしているであろう、アケコン単体で動作ができないので注意です。

 

しかし、ニンテンドースイッチで使いたい方には朗報!

説明書には

  • SWITCHをテレビモードで接続します。
  • SWITCHドッグに本製品のUSBケーブルを接続すると接続完了になります。

このように書かれていました。

どうも『スイッチではアケコン単体で動作が可能』のようです。

 

PS4とスイッチでは接続方法に違いがあるので注意しましょう。

 

アローンのアケコンの操作感

GAMING ARCADE STICKは、独自のレバーとボタンを採用しています。

これがどのような操作感になるか書いていきますね!

 

レバーを操作して感じたのが、

  • ながっ!!
  • ほそっ!!
  • とおっ!!

の3連コンボでした。

 

「どういうことだよ…。」

と思う方がいると思うので説明します。

 

「ながっ!!」について。

レバーの長さに違和感を感じたんですよね。

なので計ってみました。

結果『60mm』だったのです。

 

アケコンにはレバーの最適な長さがあります。

それがこの値↓

【56mm】

 

対してこのアケコンは、

60-56=4mm

これだけ長さが違うため「ながっ!!」っと違和感があったわけです。

 

「ほそっ!!」について。

シャフトの長さが細めに作られています。

一般的な太さは10mm~12mm。

 

対して、このアケコンのシャフトの太さは8.5mm。

だから「ほそっ!!」と感じたわけです。

 

「とおっ!!」について。

明らかに三和、セイミツ、HORI製レバーよりもストロークが長いです。

その差、約1.5倍~約2.0倍ほど違います。

なので、ストロークが遠く感じたのです。

 

私個人の感想としては「このレバーは扱いづらいな…。」という印象を受けました。

 

ボタンについても述べていきますね。

「以外に悪くないな。」

押していてこのように感じました。

 

ストロークは長めになっています。

1フレームも無駄にしない高速の入力!

こういったことができるわけではありません。

 

しかし『押し感が良い』んです!

柔らかめのボタンなんですけど、長めのストロークによりしっかり入力した感があるんですよ。

 

また、入力音も個人的には好き。

押した時の打音「パンッ、パンッ」に加えて、アケコン内部で音が反響する時に「ふぁ~ん、ふぁ~ん」とわずかに金属音が混じります。

これが押してて楽しいんですよ!

この感覚をぜひ皆さんにも味わってほしいですねぇ。

 

アローンのアケコンのサイズ

▲PS4との比較

 

このアケコンに初めてご対面したときは

「ちっちゃ!」

「こんなんで大丈夫か!?」

と思いました。

 

そのサイズは以下の通りです。

サイズ:約341×約234mm×約65mm

重さ:1.7kg

 

ところがどっこい!

・ひざ置き時に、楽な脚のポジションでアケコンを乗っけても違和感なし。

 

・軽めのアケコンなので

「めちゃくちゃズレるんだろうなぁ…。」

と思ったら、裏のすべり止めがすごく利いてて全くズレない。

▲四隅に滑り止めがついている。一見頼りないが、意外と強力!

 

・コンパクトなアケコン=天板が小さいため「手の置き場が少なくて安定した操作ができないのでは?」っと思ったら、その心配もなし。

どっしり構えて操作ができます!

 

最初の心配はどこえやら。

コンパクトさを感じさせない、扱いやすいサイズになっていました。

 

アローンのアケコンの機能性

このアケコンには、どんな便利機能がついているのか知りたい方もいるはず!

なので、書いていきますね。

 

以下が搭載されている機能。

  • OPTION
  • HOME
  • SHARE
  • TURBO(連射ボタン)
  • L3
  • R3
  • USBポート(PSコンをさすところ)
  • ケーブル収納蓋(ケーブルを出す穴あり)

このアケコンには『タッチパッド』がついていません。

▲右上の長方形のところの『GAMING ARCADE STICK』はただの飾りです。(泣)

 

L3+HOMEボタンでスティック切り替え機能が使えます。

レバーを方向キー、左スティック、右スティックに切り替えれます。

 

総評:アローンのアケコンが気になるならアリ!

GAMING ARCADE STICKは、良し悪しがはっきりしているアケコンです。

注意しなくてはいけないところは、

  • レバーが長い、細い、遠い
  • タッチパッドなし
  • 乗っ取り式

こういったところを受け入れれる方には、かなり良いアケコンだと言えますよ。

 

ただ、私としては「もうちょっと足してRAP.Vを買うかなぁ~。」といった感想です。(汗)

RAP.V HAYABUSAをレビュー。これは使いやすいぞ!!

続きを見る

 

-アケコン
-, , ,

© 2023 たーぼっくす Powered by AFFINGER5