アケコン

アケコンのボタンのメンテナンス方法。これだけで精度が復活!!

最近アケコンのボタンを操作していて、このような症状に悩まされていませんか?

「反応が悪くなった。」

「戻りが遅い。」

こういった状態は、メンテナンスをすると良くなる可能性があります!

 

新品に買い替える前に、これから説明する方法を試してみてくださいね。

 

当記事はボタンのメンテナンス方法を紹介しています。

レバーのメンテナンスについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

アケコンのレバーのメンテナンス方法を解説!グリスアップをして寿命を延ばそう。

続きを見る

 

メンテナンスに用意するもの

メンテナンスを行うには以下の道具が必要です。

  • プラスドライバー
  • ペンチ
  • ウエットティッシュ
  • 綿棒(あるとやりやすい)
  • つまようじ(あるとやりやすい)

用意しておきましょう。

 

アケコンのボタンのメンテナンス方法

メンテナンスといっても、やることは掃除です。

しかしあなどることなかれ!

これだけでボタンの調子が復活することがよくあるのです。

以下にて説明する方法を皆さんもやってみてくださいね。

 

三和ボタンを例にメンテナンスを行います。

HAYABUSAボタン(HORI)もセイミツボタンもやることは基本的に同じですのでご安心を。

 

① アケコンの裏蓋を開ける

アケコンの内部にアクセスします。

プラスドライバーを使用して、裏蓋のネジを外していきましょう。

 

ネジの上に1ヶ所シールが貼ってあるはずです。

はがすと保証が切れてしまうのでこの先は自己責任で。

 

アケコンの中はこんな風になっていますよ。

 

② ボタンのコードを外す

ボタンに繋がっているコードを外しましょう。

コードの根元を持ってまっすぐ引っ張ると外れますよ。

 

固くて抜けない時はペンチを使います。

壊さないように慎重に作業しましょう。

 

全てのコードをいっぺんに外さないようにしましょう!

対応するボタンとコードの組み合わせが分からなくなる可能性があります。

必ずひとつひとつやりましょう。

 

いっぺんに外しちゃった方へ。

基板を見てみましょう。

コードが対応するボタンの印刷がされているはずです。

 

③ ボタンを外す

アケコンからボタンを外しましょう。

左右の爪を同時に押しながら、天板側に押すと抜けます。

 

爪を押し込み過ぎないように注意!

折れたり元に戻らなくなることがあります。

 

④ ボタンを分解する

取り外す時に押した爪とは別のところに、爪が2か所あります。

これをつまようじの裏などの、固くて細いもので押し上げましょう。

左右同時に押さなくても片方ずつで大丈夫ですよ。

すると、上蓋がとれます。

 

キースイッチを外します。

端子側の左右の出っ張りを押しながら抜きましょう。

 

分解することで3つのパーツに分かれました。

 

⑤ ボタンを掃除する

分解した3つのパーツを掃除しましょう!

 

上蓋について。

これは横の部分が汚れやすいです。

ウエットティッシュで拭きましょう。

 

キースイッチについて。

表面の汚れを拭きます。

特にスイッチ部分の間に、髪の毛が挟まっている場合があるので取り除いておきましょう。

 

ベース部について。

綿棒で内部を拭きましょう。

内側のフチが汚れやすいです。

ここに汚れが固着していると、ボタンの効きが悪くなります。

つまようじでしっかり掻き出してきれいにしましょう。

 

⑥ 組み立て

分解した時と逆の手順で組み立てていきます。

④→③→②→①

の順番で元に戻しましょう。

 

②~⑥の作業をメンテナンスしたいボタンの数だけ繰り返します。

 

⑦ 完成

おつかれさまでした。

お手入れ完了です!

 

まとめ

ボタンの効きが悪い時はメンテナンスをしましょう。

ほとんどの場合症状が改善しますよ。

 

やり方も簡単♪

ボタンを外して掃除するだけです。

作業時間10分~20分でできちゃいますよ。

 

紹介した方法でボタンの症状が良くならない場合は、残念ですが新品に交換しましょう。

 

-アケコン
-, ,

© 2023 たーぼっくす Powered by AFFINGER5