アケコン

アケコンのボタンの選び方。種類~取付方式の違いを解説!

 

アケコンのボタンには多くの種類があります。

どれも個性的で、

自分の求める性能に特化したアケコンが作れるところが良いのですが…。

 

初心者の内は

どれが良いのかさっぱり分からん!

というのが本音ではないでしょうか?

 

ですので、

そのような方にも分かりやすいように、

  • あなたに合ったボタンの選定方法
  • はめ込み式とねじ式の違い

を解説しますね。

 

上記2つが決定すればボタン選びは完璧です!

以下の説明を読んで、

あなたに合う逸品を見つけてくださいね♪

 

ボタン選びのサポート開始ぃぃぃっ!!

 

あなたに合ったボタンの選定方法

ここでは、

あなたの好みから最適なボタン選びをサポートします。

理想のボタンを想像しながら読んでみてください。

 

柔らかくて押しやすいボタンが良い

 

そんなあなたには、

三和ボタン

をおすすめします。

 

柔らかめで、押しやすく、スムーズな入力ができますよ。

適度にストロークが確保されているため、クセが少なく扱いやすいです。

 

どれを選んで良いのか分からない方はこちらを選ぶと良いでしょう。

 

押し感を重視したい

 

そんなあなたは、

セイミツボタン

をおすすめします。

 

しっかりとした重めの押し感が特徴。

確かな手応えを感じながら入力したい方に適しています。

ボタンが重めなので誤入力を防止することもできますよ。

 

なお、

もっと手応えが欲しい方向けに、より重いボタンも販売されています。

 

軽いタッチで素早く入力したい

 

そんなあなたには、

HAYABUSAボタン

をおすすめします。

 

HORIのアケコンに標準搭載されているのがこのボタン。

プッシュ部の厚みが薄いのが特徴です。

ずらし入力やこすり入力をする方に向いていますね。

 

押し感は非常に軽く、少しの力で敏感に反応する感度の良さ(低遅延)が魅力です。

少しクセがありますが、

使いこなせば高速入力が可能なボタンとなっていますよ。

 

単品購入は少し難易度が高く、海外サイトにて可能です。

 

最小限の遅延で入力したい

 

そんなあなたには、

Gamer Finger

をおすすめします。

 

特殊なスイッチが採用されており、

ゲーミングキーボードで使われているものを、格ゲー用に特化したのが入っています。

その名も”銀軸”!

 

特徴としては、

僅かなストロークでも入力が反映されるほど反応速度に優れていることです。

入力時の遅延を徹底して抑えたい方に使って欲しいボタンですね。

 

静音性の高いボタンが欲しい

そんなあなたには、

  • 三和静音ボタン
  • サイレントHAYABUSAボタン
  • Gamer Finger

の中から選びましょう。

 

▲左:三和静音 中:サイレントHAYABUSA 右:Gamer Finger

 

この中で静音性が高い順は、

(超静)Gamer Finger > サイレントHAYABUSA ≧ 三和静音ボタン(静)

※僅かに三和の方が音が大きく感じた

 

操作感が良いのは、

(超良)三和静音ボタン > Gamer Finger >> サイレントHAYABUSA(並)

 

どれを選んでもかなり静かですよ。

押し感は各メーカーの静音ではないタイプに近いです。

 

なお、

セイミツ工業さんも静音ボタンを発売する予定があるみたいです。

ファンは必見ですね!

 

はめ込み式とねじ式の違い

 

ボタンには2種類の取り付け方式があります。

それが以下の通りです↓

 

はめ込み式

 

2か所の爪で天板に引っかけて固定するタイプのボタンです。

市販されているアケコンにはこちらが搭載されていますよ。

 

そして、

はめ込み式にはこのような特性があります↓

  • 交換が容易
  • 取り付けスペースに余裕がある
  • カラーバリエーションが多い
  • 爪が折れやすい
  • ボタン穴が大きいとクルクル回ってしまう

 

詳しく説明していきます。

 

交換が容易

これがはめ込み式の最大のメリット!

ボタン交換がとってもやりやすいです。

 

2か所の爪を摘んで、押すだけでカンタンに取り外しできちゃいます。

楽チンですよね♪

手間も時間もかかりません。

 

取り付けスペースに余裕がある

 

天板の厚みがあるアケコン以外は、基本的に取り付けできます。

ボタンとボタンの間の隙間にも十分余裕アリ。

 

なので、

取り付けできないといったことが起こりにくいです。

ボタンがアケコンに取り付けできるか不安な方ははめ込み式を選ぶと確実ですよ。

 

カラーバリエーションが多い

各メーカーから多くの色が販売されています。

よほど珍しい色でない限り手に入れることができるでしょう。

 

爪が折れやすい

▲赤丸の部分がひび割れて爪が奥に入ったまま戻ってこなくなった。

 

爪が折れやすいです。

特にボタンが古いと簡単に折れてしまいます。

 

実際に、

古いアケコンに付いていたボタンを外した時に8個中6個折ってしまいました(汗)

 

他にも何度か折った経験があります…。

劣化しているとバキバキ折れるので注意しましょう。

 

ボタン穴が大きいとクルクル回ってしまう

アケコンのボタン取り付け穴にはバラツキがあります。

そのため、

穴が大きいとはめ込み式の爪が機能しにくい。

入力時の振動でクルクル回ってしまう可能性があります。

 

これを回避するためには、以下で説明するねじ式が有効ですよ。

 

ねじ式

 

ボタンにねじ山が切ってあるタイプです。

ナットを締めて天板を挟むことで固定できます。

 

そして、

ねじ式にはこのような特性があります↓

  • ガッチリ天板に固定
  • 天板が分厚くても取り付け可能
  • 故障しにくい
  • スペースがギリギリ
  • ナットが緩んでくる
  • 交換に時間がかかる
  • カラーバリエーションが少なめ

 

詳しく説明していきます。

 

ガッチリ天板に固定

▲内部

 

▲表

 

ナットでボタンを固定するため、しっかりと取り付けることができます。

はめ込み式のように、

ボタン穴が大きいと動いてカタカタしたり、クルクル回ってしまうことがありません。

 

天板が分厚くても取り付け可能

三和さんのはめ込み式ボタンは、

取り付け板厚がMAX3.9mmまでしか取り付けできません。

他メーカーも同じくらいだったはず。

 

一方、

ねじ式ボタンは私の経験上8mmの天板厚にも取り付けできました。(多分それ以上も可)

自作アケコンなどで、

取り付け板厚が大きい場合に適しているといえます。

 

故障しにくい

耐久性の高さもメリットです。

※ここでいう耐久性とはスイッチ部のことではなく、ボタン本体のことです。

 

ねじ山が潰れたり、ナットが割れてしまわない限り使い続けることができますよ。

一度買えば長く使えるため、コスパの良いボタンであるといえますね♪

 

スペースがギリギリ

アケコン内部のスペースが必要になります。

なぜなら、

ねじ式は干渉しやすいからです。

  • ボタン穴同士の距離が近い
  • 穴の大きさの個体差
  • アケコン内部のスペース

こういったことにより取り付けできないことがあります。

 

たまにあるのが、

ナット同士が干渉して付けれないこと。

アケコンボタン穴の構造上かなりギリギリで、僅かにぶつかりながら取り付けする場合もあります。

 

特に、

三和ねじ式ボタンの取り付けには注意。

他社のナットよりも径が大きく、アケコンに取り付ける際に干渉しやすいです。

▲三和ねじ式+VEWLIX配置のアケコン=赤丸の部分がギリギリになる。

 

▲各社のナットを縦に積み上げた。黒:Gamer Finger 白:セイミツ 橙:三和 三和のナット径が他社より僅かに大きいのが分かるだろうか?

 

また、

アケコン側に干渉することもあります。

ナットが邪魔で付けれないことがありました。

▲T.E.2+に三和ねじ式ボタンは付けれない。赤丸部(アケコン側のレバーの土台)が干渉するからだ。

 

ねじ式を購入する際は、

自身のお持ちのアケコンに十分なスペースが確保されているかを必ず確認してくださいね。

 

ナットが緩んでくる

ナットは振動に弱い性質があります。

アケコンで入力していると衝撃が発生しますよね?

これにより、

徐々にナットが緩んできてしまうのです。

 

ボタンがクルクル回ったり、ガタついてきたら要注意!

ナットが緩んでいるサインです。

そのまま使用し続けるとナットが外れてしまいますよ。

 

防ぐ方法は2つ。

 

1つ目は、

定期的にナットを締め直すこと。

緩んでくることを前提として、未然に防ぐのです。

 

2つ目は、

接着剤で固定すること。

グルーガンや、プラスチック用接着剤、ねじの緩み止め剤などですね。

物理的に固定するため緩むことがなくなりますよ。

▲左:グルーガン 右:アロンアルファ耐衝撃 下:ガチネジ高強度

 

ただし注意してほしいのが、

強力な接着剤を使う場合はボタンを今後外す予定がない場合のみ!

 

上の画像の場合の接着剤の強度は、

  • グルーガン=弱
  • アロンアルファ耐衝撃=強
  • ガチネジ高強度=強

※中強度もありますので、ねじ式ボタンにはこちらがいいです。

参考にしてみてくださいね。

 

交換に多少時間がかかる

ナットをクルクル回して脱着するため手間がかかります。

1個や2個ならさほどなのですが…。

 

アケコンには多くのボタンがありますよね?

そのすべてを脱着するのは時間と手間がかかります。

 

やはり、

はめ込み式の手軽さにはかなわないでしょう。

 

カラーバリエーションが少なめ

メーカーによっては色のバリエーションが少ないことがあります。

販売されている色以外が欲しい方は、直接問い合わせて作ってくれるのを祈るしかありません。

 

どちらが優れているか?

 

双方に明確な違いはありません。

気に入った方を選んでOKですよ。

 

↓以下個人的見解↓

私は『ねじ式』をおすすめします!

上記で説明した通り、天板にしっかり固定できるので、

  • ボタン位置が僅かにズレてしまう
  • クルクル回ってしまう

このようなことがありません。

 

これらは、

アケコンの基本的なことで非常に重要な要素です。

入力精度などの操作系のボタン性能を求めるならば、ほんの僅かな違いでもねじ式を選ぶ方が安定感が増すと考えられます。

 

では、

はめ込み式のメリットは?

それは…。

『メンテナンスのやり易さ』

『ほとんどのアケコンに取り付け可能』

 

メンテナンスのやり易さ

爪を押すだけでボタンの脱着ができるのが売りです。

 

例えば

「対戦中にボタンが故障したっ!」

このような際、

予備のボタンに素早く交換できるため、試合に復帰できる時間を短縮できます。

 

ただ、

ボタンが故障するのはまれ。

起こるか分からない故障に備えてはめ込み式を選ぶより、普段の入力性能面を重視してねじ式を選んだ方が幸せになれると思いますよ~。

 

ほとんどのアケコンに取り付け可能

ねじ式と違いナットで固定するわけではないため、干渉を気にせずアケコンに取り付けできます

※天板厚が大きいアケコンは不可

 

なので、

  • アケコンに確実に取り付けたい
  • ボタンを買い直す予算がない

こういった方はリスクを冒さずはめ込み式を選んだ方が確実ですよ。

意外と高価な代物ですので…。

 

まとめ

はいっ!

というわけでボタンの選び方をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

 

選び方としては、

  1. 好みの特性を持ったボタンの選定
  2. はめ込み式 or ねじ式のどちらか

この 2STEPで選ぶことができますよ。

 

入力精度に直結する重要なパーツです。

あなたに合った逸品を選びたいものですね。

 

ではでは、

また見てね~♪

-アケコン
-, , , ,

© 2022 たーぼっくす Powered by AFFINGER5