アケコン

三和着脱式レバーをレビュー!アケコンを持ち運ぶ時に便利だぞ

 

みんな大好き三和レバー。

そんな三和電子さんから、着脱式レバーが販売されていることをご存じですか?

 

その名も

【着脱式】基板タイプジョイスティックレバー

(型番:JLFD-TP-8YT)

 

もちろん私も購入しましたよ~!

 

アケコンからレバーが外せるとちょー便利♪

どのように優れているのか、さっそくレビューしていきますね。

 

着脱式レバーのメリット

 

格ゲーの大会やゲーセンに、お気に入りのアケコンを持ち運ぶことがあります。

このような際に邪魔に感じるのがレバーの突起部です。

物に引っかけてしまったり、袋の中に入れるとテントを張ったみたいになってしまいます。

 

また、

保管する際にレバーの突起部が邪魔で収納できない問題点。

 

横置きはスペースを取りますよね?

なので、

壁に立て掛けて保管する方もいると思います。

その際に、

そばを通る時にレバーに足を引っかけてアケコンが倒れてしまう危険性があります。

パーツにダメージが入ってしまうのはイヤですよね?

 

このような問題を解決できるのが着脱式レバーなのです。

持ち運び楽々♪

引っかかる心配なし。

なにより、

見た目がスッキリするのが良いですよね!

 

着脱式レバーの操作感・入力精度・音

 

通常の三和レバーとの操作感の違いについて。

着脱式の方が若干レバーが重く感じました。

プレイするゲームによってこの違いを感じてしまう可能性がありそうです。

 

特に、

軽いレバーが好まれやすい鉄拳勢にとってこの僅かな違いは好き嫌いが分かれそうですね。

 

違いとしてはこのような感じで、

他は通常の三和レバーと同じような感覚を得ることができます。

詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてくださいね。

三和電子製レバーをレビュー!アケコンにはこれで間違いない

続きを見る

 

アケコンカスタムがしやすい

 

アケコン勢の方は頻繁に内部にアクセスしてパーツをイジっているはずです。

RAPシリーズ・刃・Obsidianなどは、アケコンの蓋を開ける際にひっくり返す必要があります。

 

その時にレバーが邪魔になりやすく、

机の上や床などの平らな場所に置いて作業すると、アケコンがナナメになって不安定な状態でメンテナンスを行うこととなります。

しかも、

レバーに常に荷重がかかるため、スイッチ部に負荷がかかってよろしくない!

 

また、

T.E.2+などの天板が開くタイプのアケコンは、ひざ置きメンテ時にレバーの重みでひっくり返って落としてしまう危険性がありました。

 

このような問題を解決できるのが着脱式レバーです。

レバーを外せば安定した状態でアケコンカスタムを行うことができるのですよ~。

 

ぜひ、

アケコンをよく改造する方におすすめしたいですね!

 

The Linkとの違い

▲左:The Link2 右:三和着脱

 

着脱式レバーというとThe Linkシリーズを思い浮かべる方もいると思います。

これとなにが違うのかといいますと…。

  • ガタツキ
  • 取り付け方式の違い
  • 三和レバーに近い操作感

上記2点を詳しく説明していきます。

 

ガタツキ

2つのレバーを比べてみると、

The Linkはごく僅かにシャフト同士の連結部にガタツキがありました。

三和着脱レバーは、まるで一本のシャフトかの如くガタツキが感じられませんでした。

 

微々たる違いではありますが、

ダイレクトな操作感を目指すなら三和着脱レバーに軍配があがります。

 

取り付け方式の違い

双方は取り付け方が異なるので違いを説明します。

 

The Linkシリーズはシャフト部を上に引き上げながら着脱します。

煩わしさがないのが嬉しいところ♪

 

一方、三和着脱式レバーは?

工具は必要ありません。

ねじ式となっており、クルクル回すことで着脱できます。

 

やり方については後述しますね。

 

多少手間がかかりますが、がっちり固定できるため安心感があります。

これが公式の信頼感かぁ~。

 

三和レバーに近い操作感

The Linkシリーズはシャフトの重さや形状が異なり、三和レバーの性格が変わってしまいます。

▲上:三和着脱 下:The Link

 

とても良い製品なのですが、

三和LOVEな方には操作感に違和感を持つかもしれません。

 

しかし、

三和着脱式レバーならその心配も皆無。

先にも述べた通り、通常の三和レバーに極めて近い操作感が魅力です。

三和好きな方が着脱式を目指すならこれでしょうね。

 

着脱方法

 

アケコンからレバーのシャフト部を着脱する方法を説明していきます。

とってもカンタンなのでご心配なく♪

 

1.シャフトカバーを押さえながらレバーボールを回す

シャフトカバーを手で押さえます。

 

もう片方の手でレバーボールを回しましょう。

 

すると、

レバーボールと一緒にシャフトが回りねじが外れていきます。

 

2.シャフトを引き上げる

ねじが外れたことで固定するものがなくなりました。

なので、

レバーボールを持ち上げることでシャフトも同時に外すことができます。

 

アケコンから、

シャフトカバー・ディスクを取れば…。

着脱完了です!

 

ちなみに、

シャフトカバー下部が特殊な形状をしています。

これがスパナのような役割をはたしているのです。

▲シャフトカバー下部

 

▲アケコン側のレバー取り付け部

 

レバーを取り付ける時は逆の動作でできますよ。

アケコンにシャフトカバーをつけて押さえる

→レバーボール&シャフトを入れる

→回す

 

このようにちょーカンタンなのですよ♪

 

問題点

 

便利なのですが

「これはちょっと…。」

と、いうところもあります。

それを見ていきましょう。

 

シャフトの連結部が緩んできてしまう

シャフトを軽く締めた状態で格ゲーをしていると緩んできてしまいます。

力加減を文字で表現するのは難しいのですが、

「グググッ…。」

という感じで締めるとプレイ中緩んできます。

 

そうならないために、

「ギュンッ!!」

と、勢いをつけてシャフトを締めてあげると良い感じになりますよ。

 

レバーを外す際にボールのみ取れてしまう

シャフトカバーを押さえる

→レバーボールを回す

→シャフトも同時に回る

→アケコンからレバーが外れる

 

上記のように簡単な作業でレバーを外すことができるのですが…。

レバーボールを回す際に、レバーボールのみ取れてしまうことがあります。

 

こうなった際は、

レバーボールのみ外す

 

→ディスクをシャフトから抜く(シャフトカバーはシャフトについたままにする)

 

→シャフト先端の切れ込みにディスクを差し込む

 

→シャフトカバーを持ちながらディスクを回す

 

→シャフトが外れる

 

といったように地味にメンドイ作業をしなくてはいけません(泣)

と、

いうわけでいきなりですが、

 

管理人オススメ対策コーナーぁ♪

今回使用するのは、

『ガチネジ』

ねじの締め付け部を強固に固めてくれるスグれものです!

 

これを、

レバーボールの穴にちょっと入れます。

 

→レバーボールをシャフトへ締め付けます

 

→固まるまで放置

→外れなくなります

 

これでアケコンからレバーを外す際の問題を解消できますよ。

 

ただし注意して欲しいことがあります。

ガチネジを使うとシャフトからレバーボールを外せなくなります。

一生外さない覚悟を持ってガチネジってくださいね。

 

販売サイト

三和着脱式レバー(型番:JLFD-TP-8YT)はこちらのサイト様より購入可能です。

レバーボールは付属しませんので注意してくださいね。

 

三和電子

せんごくネット通販

アタッサショップ

叢雲商店

 

総評:持ち運ぶ・収納スペースが少ない・アケコンマニアにおすすめ

三和着脱式レバーは、

  • アケコンを持ち運ぶ
  • 家庭での収納スペースが少なく困っている
  • 頻繁に改造する

こういった方におすすめできます。

 

性能面では、

通常の三和レバーと遜色ない操作ができます。

三和レバーが気に入っているなら、着脱式のこちらも違和感少なく操作できるでしょう。

 

着脱式を目指している方!

コレはおすすめできますよ。

 

しかも、

公式の安心感もついてきます♪

やっぱり三和さんは良いもの作るなぁ~。

 

-アケコン
-, , ,

© 2022 たーぼっくす Powered by AFFINGER5