アケコン

格ゲーにおすすめのアケコンから購入時注意する点まで解説

アケコンのイメージ

 

近年、e-sportsの躍進により、様々なアケコンが販売されるようになりました。

ユーザーにとっては、アケコンの選択肢が増えるのはうれしい事です。

しかし、どれを選んだら良いか悩ましくなったのも事実です。

 

そこで今回は、

アケコンを購入するとき注意したい項目

格ゲーにおすすめのアケコン紹介

をしていきます。

 

それでは、最後までお付き合いください。

 

アケコンを購入するとき注意したい項目

 

アケコンは安い買い物ではありません。

ですので、アケコンを購入する際には、失敗しないように注意したい項目があります。

これから紹介する内容が、あなたの欲しいアケコンと一致しているかよく確かめてから購入してください。

 

安いアケコンは買ってはいけない

1万円以下のアケコンは買ってはいけない

通販サイトを見ていると、1万円以下のお手頃なアケコンが販売されています。

高いアケコンが多い中、このようなアケコンは非常に魅力的に見えますよね。

 

しかし、

1万円以下のアケコンは買ってはいけません。

 

なぜかといいますと、こういったアケコンはおもちゃのような出来だからです。

レバーがふにゃふにゃだったり、ボタンを押したら戻らなかったり・・・・。

 

たー坊
きっと買った後で後悔しますよ。

 

高いアケコンには理由がある

アケコンが高いのには理由があります。

レバー・ボタン・重量・大きさなど、ユーザーがアケコンに求める要素が高次元で盛り込まれています。

 

こういった、アケコンに求められている要素を理解できていないメーカーから発売されているアケコンは、安く作りがチープです。

 

たー坊
失敗しないように購入は控えましょう。

 

小型で軽いのが良いわけではない

一般的に携帯電話などは、小型で軽いものが重宝されがちです。

しかし、アケコンは違います。

 

小型が良いわけではない

アケコンは小さすぎると操作がしにくくなり、ミスの原因となります。

具体的にいいますと、レバーとボタンに手を添えた時に、手首より下の腕部分が浮いてしまい、安定した操作が出来なくなってしまいます。

こういったことを防ぐために、天板にゆとりのあるアケコンを選ぶべきです。

 

軽いのが良いわけではない

アケコンは軽いと操作がしにくくなります。

なぜかというと、操作している時にアケコンがズレてしまうからです。

こういった点が、アケコンは軽いのが良いわけではないという理由です。

 

では、どれくらい重量があった方がいいかというと、最低でも2.1kgはあった方がいいでしょう。

2.1kgでも軽いくらいですが、重いアケコンは高級品であったり、

ひざの上に置いてプレイするユーザーには脚が疲れたりしてしまうので、2.1kgが重さのラインかと思っています。

 

たー坊
2.1kg以上のアケコンを買えば失敗しません。

 

カスタマイズ性

カスタマイズ

アケコンで遊んでいると

「レバーの斜め入力が入りにくい」

「ボタンの反応がイマイチ・・・・」

といった不満点が出てくるかもしれません。

 

そういった時に、自分の使いやすいようにカスタムできる構造になっているアケコンを選びたいものです。

基本的には、大型のアケコンほど内部に余裕があり、パーツ換装がしやすいですよ。

 

また、アケコン内部にどれだけ簡単にアクセスできるかも重要な部分です。

ネジで止めてあるアケコンは、ドライバーを使わなくてはいけなくなり、アクセスしずらいです。

それに対し、 Victrix Pro FSなどはワンタッチで内部にアクセスできる作りになっていますよ。

 

たー坊
これなら簡単にパーツ交換ができますよね。

 

こういった点も、アケコンの重要視される部分です。

 

主なパーツメーカー

アケコンのパーツに定評のあるメーカーは主に、三和電子さんとセイミツ工業さんとなります。

ゲーセンにパーツを卸している老舗で、ユーザーからも定評があります。

 

たー坊
この2社のレバーやボタンを買えば間違いないでしょう。

 

天板カスタム

アケコンによっては、天板を外すことができるモデルもあります。

天板との間にお気に入りのイラストを挟むことで、オリジナルの一台を作ることができますよ。

大会などの映像で、オリジナルのアケコンをカメラにアピールしている選手もいたりします。

 

重要な機能ではないですが、自分の好きなようにアケコンをカスタマイズできる部分もあるといいですよね。

 

メンテナンス性

パーツ交換しやすいアケコンを選ぶ

アケコンは壊れにくい作りになっています。

 

しかし、コマンド入力や複雑なコンボなどで、パーツに負荷がかかります。

負荷でパーツが摩耗したりすると、パフォーマンスが低下してしまいます。

そうなってくると、買い替えを検討しなくてはいけなくなりますね。

 

しかし、アケコンは壊れたら本体ごと買い替えではなく、パーツの交換となります。

そういった時に、内部にアクセスしやすいアケコンを選んでおくと非常に便利ですよ。

 

Victrix Pro FS 内部

 

メンテナンスが容易にできるアケコンを選ぶ

アケコンは簡単に内部にアクセスでき、メンテナンスがしやすいものを選びたいです。

アケコンの内部に簡単にアクセスできるとなぜ良いか説明しますね。

 

例えば、

メンテナンス

・格ゲーの大会の試合前に、アケコン内部の配線が外れていないかチェックすることができる

・対戦中に操作が利かなくなった時にすぐに内部にアクセスできる

・基盤のサビやホコリの除去

・パーツ交換

簡単にアケコン内部にアクセスすることができると、こういったメンテナンスがすぐにできる強みがあります。

 

内部に簡単にアクセスできるアケコンは高価ですが、利点が大きいので購入選択肢に入れる価値がありますよ。

 

レバーとボタン配置

アケコンには大きく分けて『ビュウリックス配置』と『ノワール配置』の2つの配置があります。

 

ビュウリックス配置

この配置はゲーセンで主流の配置となっています。

 

特徴は、

・一段目を除き、後の3つは横一列にボタンが配列されている

・ボタンとレバーの距離が近い

ということが挙がります。

 

主に『ストリートファイター』や『KOF』などの2D格ゲーが、ビュウリックス配置になっていますよ。

 

ノワール配置

この配置はゲーセンではあまり見かけませんが、3Dゲームに用いられる配置となっています。

 

特徴は、

・ボタンが山なりに配列されている

・レバーとボタンの間が広い

ということが挙がります。

 

主に『鉄拳』や『ガンダムEXvs』がノワール配置になっていますよ。

 

どちらがいいのか?

じゃあ「ビュウリックス配置とノワール配置はどちらがいいか」と疑問に思うはずです。

 

結論は、

どちらでも問題ありません。

 

しかし先にも述べたように、

・2D格ゲーには、ビュウリックス配置

・3D格ゲーには、ノワール配置

という伝統みたいなものがあるようです。

 

たー坊
あなたがやる格ゲーに合った配置のアケコンを選びましょう。

 

格ゲーにおすすめのアケコン紹介

今までの注意点を基に、おすすめのアケコンを紹介していきます。

まずこの中から買えば間違いありませんよ。

 

Qanba Obsidian

 

出典:https://www.amazon.co.jp

 

Qanba Obsidianは、アケコンにこだわりのある方なら、必ず購入時の候補にあがる一台です。

Amazon価格は、25,400円(2020/10/14 20:29現在の価格)です。

 

レバー・ボタン共に三和電子製が使用されており、ゲーセンと同じ感覚で操作することができます。

アケコンに求められる基本が高水準でまとめられており、まさにハイエンドアケコンにふさわしい出来映えでしょう。

 

プロゲーマーからの支持も熱く、Qanba Obsidianの信頼性がうかがえます。

 

たー坊
Qanba Obsidianは、ときど選手など多くのプロゲーマー愛用アケコンです。

 

Victrix Pro FS

 

出典:https://www.amazon.co.jp

 

Victrix Pro FSは、現在販売されているアケコンの中で最も高価です。

Amazon価格は、41,194円(2020/10/14 20:31現在の価格)です。

 

価格が高いだけではなく、その性能は一級品です。

ゲーセンにも使われる三和電子製レバー・ボタンが搭載されており、使用感に文句のつけどころがありません。

 

特に注目したいのは、三和電子製脱着式レバー『The Link2』が搭載されていることです。

レバーのシャフト部分を引っ張るだけで簡単に取り外しができます。

この「The Link2」は市販されておらず、Victrix Pro FSでしか手に入れることができません。

 

本気で格ゲーをしたいなら、Victrix Pro FSは最良の選択です。

 

たー坊
Victrix Pro FSは、ももち選手の愛用アケコンです。

 

HORI ファイティングエッジ 刃

 

出典:https://www.amazon.co.jp

 

HORI ファイティングエッジ 刃は、HORI製アケコンのハイエンドモデルです。

Amazon価格は、25,278円(2020/10/14 20:33現在の価格)です。

 

レバー・ボタン共にHORI製「HAYABUSAユニット」が搭載されています。

これにより、高い応答速度と高精度のコマンド入力が可能となっています。

レバーは若干軽めの作りとなっていますが、入力が飛んでしまったり、暴発したりすることはありません。

 

天板はアルミを使用しており、高級感があります。

また、手垢が付きにくく、丈夫な作りになっています。

反面、冬場冷たいのが欠点ですね。

 

たー坊
HORI ファイティングエッジ 刃は、入力精度に定評のあるsako選手の愛用アケコンです。

 

各アケコン比較表

Qanba Obsidian Victrix Pro FS HORI ファイティングエッジ 刃
配置 ビュウリックス ビュウリックス ノアール
レバー 三和電子 三和電子 HAYABUSAユニット
ボタン 三和電子 三和電子 HAYABUSAユニット
内部アクセス 6ヵ所ネジ止め ワンタッチ開閉 6ヵ所ネジ止め
重さ 約3kg 約3.5kg 約3.5kg
価格 25,400円

(2020/10/14 20:29現在の価格)

41,194円

(2020/10/14 20:31現在の価格)

25,278円

(2020/10/14 20:33現在の価格)

 

まとめ

アケコンは高い買い物ですので、失敗がないようにしたいものです。

そのためにも『アケコンを購入するとき注意したい項目』の内容に、あなたの候補のアケコンが当てはまるかチェックしてください。

 

もし、どのアケコンを購入すればいいか分からない場合は『格ゲーにおすすめのアケコン紹介』で紹介されているアケコンを購入すれば間違いありません。

どれも素晴らしい性能を持った、おすすめできるアケコンです。

 

あなたもアケコンを手に入れて、快適な格ゲーライフを送りましょう!

 

 

たー坊
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-アケコン
-, ,

© 2023 たーぼっくす Powered by AFFINGER5