アケコン

格ゲーやるならアケコン!パッドにはないメリットを解説

アケコンVictrix Pro FSの画像

 

格ゲーを遊ぶのに、アケコンかパッドのどちらがいいか迷ってませんか?

特に、格ゲーをこれから始める方や、初心者のうちはどちらが最適解か分かりませんよね。

 

私がこの疑問にお答えします!

格ゲーをするならアケコン

です。

 

アケコンには、パッドにない大きなメリットがあります。

そのメリットを当記事で理解して、アケコンデビューしちゃいましょう!

 

アケコンのメリット

ゲームセンター感覚で遊べる

ゲーセン感覚

昔から格ゲーは、ゲームセンターの筐体の前に座り対戦していました。

少なからず、格ゲーにはこのイメージがあると思います。

 

この感覚を、家庭に持ち込むことができるのがアケコンです。

ゲーセンで格ゲーを遊んだことがある方は、アケコンの方がしっくりくるでしょう。

 

アケコンの満足感

アケコンはパッドと比べ、キャラを動かしていることに変わりはなくても、満足感が違ってきます。

 

たー坊
「自分は今、格ゲーやってる」感がありますよ。

 

感覚的な違いではありますが、ゲーセンに近い環境で格ゲーができる満足感がアケコンにはありますよ。

 

ゲーセンデビューに

また、家庭用の格ゲーで練習し、ゲーセンデビューを目指す方も少なくないと思います。

そういった方が、自宅でアケコンを使い練習することで、ゲーセンのレバーやボタン配置に慣れる足掛かりになります

 

たー坊
こういったことも、アケコンを使う要素のひとつですね。

 

操作ミスを減らせる

コマンド入力がしやすい

格ゲーは複雑なコマンドや、ボタンの同時押しが必要になります。

初心者のうちは、これらの入力をパッドで行うとミスが出やすいです。

思ったように技が出せないと、格ゲーを投げ出してしまう要因になりかねません。

 

しかし、このような入力をアケコンで行うと世界が変わります。

非常に操作がしやすいので、技が出やすくなるのです。

 

たー坊
「パッドの時の苦労は何だったんだ」と思うくらいです。

 

こういったことから、初心者だからこそアケコンで格ゲーを始めてほしいと思っています。

 

複雑なコンボがやりやすくなる

格ゲーで勝つためには、コンボをミス無くきめるのも重要です。

しかし格ゲーのコンボは複雑で、多くの入力が求められるものが多く、パッドではキツイ時があります。

そういった入力もアケコンなら比較的やりやすく、無理なく操作ができます。

 

たー坊
コンボの幅が広がるのはアケコンでしょう。

 

内部遅延が少ない

内部遅延

どのようなアケコンでもパッドでも、内部遅延は発生しています。

内部遅延は、人の感覚で感じ取れるものではありません。

 

しかし、格ゲーの試合中に双方が同じタイミングで入力することがあります。

格ゲーは1フレームを争うため、内部遅延が少ない方が圧倒的に有利です。

時には内部遅延の有利により、試合のペースを握ることもありますよ。

 

たー坊
勝ちにこだわる人ほど、アケコンやパッドの内部遅延を重要視しています。

 

アケコンは内部遅延が少ない

パッドの内部遅延も気になるほどのレベルではありません、

それどころか、並みのアケコンの比ではない程の低遅延さを誇っています。

 

しかし、リアルアーケードPro.N HAYABUSA以上のアケコンは、パッドより低遅延となっています。

現在のアケコンの内部遅延は、行きつくところまでいっています。

ですので、粗悪なアケコン以外はパッドの内部遅延を上回るパフォーマンスがありますよ。

 

たー坊
勝利に近づきたいならばアケコンで格ゲーをするべきでしょう。

 

壊れにくい

格ゲー専用のアケコン

格ゲープレイ時は、アケコンに負荷がかかる入力が多くあります。

なのでパーツの耐久性が高く、壊れにくい作りになっています。

 

たー坊
要するに、アケコンは格ゲー用に作られているのです。

 

前に一度、アケコンのレバーに足を引っかけて転んだことがありました。

私の足は赤く腫れましたが、アケコンにはキズひとつありませんでしたw

 

パッドで格ゲーをすると故障しやすい

パッドは幅広いゲームを遊ぶためにあり、格ゲー専用には作られていません。

たー坊
アケコンと比べると壊れやすいところがあります。

 

スト5のプロのキチパ選手は、3ヵ月でパッドが壊れてしまうようです。

これほどまでではないにしろ、パッドが壊れるたびに買い替えていると、トータルでアケコンの金額を超えてしまう可能性もあります。

将来的な事も考えると、耐久性が高く、故障しにくいのはアケコンだといえますね。

 

カスタマイズができる

カスタマイズ

アケコンで遊んでいると

「レバーの斜め入力が入りにくい」

「ボタンの反応がイマイチ・・・・」

といった不満点が出てくるかもしれません。

 

そういった時も、自分の使いやすいようにカスタムできるのがアケコンの良いところです。

たー坊
レバーやボタンを換装することで、パフォーマンスアップすることが出来ますよ。

 

主なパーツメーカー

アケコンのパーツに定評のあるメーカーは主に、三和電子さんとセイミツ工業さんとなります。

ゲーセンにパーツを卸している老舗で、ユーザーからも定評があります。

 

たー坊
この2社のレバーやボタンを買えば間違いないでしょう。

 

天板カスタム

アケコンによっては、天板を外すことができるモデルもあります。

天板との間にお気に入りのイラストを挟むことで、オリジナルの一台を作ることができますよ。

大会などの映像で、オリジナルのアケコンをカメラにアピールしている選手もいたりします。

 

このように、自分の使いやすいようにアケコンをカスタマイズできるのも、アケコンのメリットでしょう。

 

メンテナンスしやすい

パーツ交換しやすい

パッドと比べて、アケコンは壊れにくいです。

 

しかし、コマンド入力や複雑なコンボなどで、パーツに負荷がかかります。

負荷でパーツが摩耗したりするとパフォーマンスが低下してしまいます。

そうなってくると買い替えを検討しなくてはいけなくなります。

 

しかし、アケコンは壊れたら本体ごと買い替えではなく、パーツの交換となります。

本体ごと買い替える訳ではないので、コストを抑えることができますね。

 

たー坊
これは、カスタマイズ性が優れているからこそできるのです。

 

Victrix Pro FS 内部

 

アケコンのパーツ交換はとても簡単で、

パーツ交換

1.本体の蓋を取る

2.壊れたパーツの配線を外す

3.壊れたパーツを外す

4.新しいパーツをつける

5.新しいパーツの配線をつなぐ

6.本体の蓋を閉める

たったこれだけです。

 

パッドだとこうはいきません。

基本、買い替えとなってしまいます。

パーツ交換のしやすさもアケコンの強みといえるでしょう。

 

メンテナンスが容易

アケコンは内部にアクセスし、メンテナンスがしやすいのもメリットです。

アケコン内部にアクセスするには、

・本体の蓋を外す

たったこれだけでアケコン内部のメンテナンスが可能となります。

 

メンテナンスといっても、アケコン初心者さんには何を行っていいか分からないと思います。

なので主なメンテナンス内容を書いておきますね。

 

主なメンテナンス

・衝撃で抜けかけている端子をはめる

・緩んだネジを締める

・サビや汚れを落とす

・ホコリの除去

・レバーのグリスアップ

 

特に注意が必要なのは、ボタンの端子が外れてないかです。

アケコンのボタンは、入力時に衝撃が発生します。

少しの衝撃でも、何度も繰り返すことにより端子が外れてしまう可能性があります。

入力ができなくなることが無いように、たまに確認することが必要ですね。

 

こういったメンテナンスがしやすいのもアケコンのメリットです。

 

アケコンのデメリット

価格が高い

アケコンデビューの最大の壁

アケコンはパッドと比べて価格が2倍~4倍します。

 

色々なアケコンの価格を調べている方なら、

「おっ!5,000円くらいで安いのあるじゃん」

と、お手頃価格のアケコンに興味を持った方もいると思います。

 

しかし、

1万円以下のアケコンは買ってはいけません

 

なぜかというと、おもちゃのような作りだからです。

きっと買った後に後悔します。

最低でも、リアルアーケードProシリーズを買うことをおすすめします。

 

リアルアーケードProシリーズというと、1万円以上のアケコンで、とても高価で簡単には手が出せません。

この価格が、アケコンデビューの最大の壁です。

 

価格以上の価値

アケコンは、パッドと比べてコマンド入力がしやすいです。

特に初心者さんには、アケコンでの格ゲーを推奨したいくらいです。

価格以上の価値がアケコンにはあるのです。

 

パッドの方が高くつく可能性がある

また、アケコンはほとんど故障しません。

 

パッドはハードに使うと壊れやすいですが、アケコンは故障しにくいです。

壊れる度にパッドを買い替えていると、トータルでアケコンより高くつく可能性もあります。

こういったことからアケコンをおすすめしたいです。

 

慣れるまで使いずらい

確かに格ゲーで、コマンド入力やコンボはやりやすくなります。

しかし、初めのうちはアケコンの配置に慣れていないため、操作に苦戦すると思います。

これの対処法は、とにかく触って慣れるしかありません。

 

私の場合、慣れるまでに2ヵ月程かかりました。

最初は思った通りに動かしにくかったです。

しかし、アケコンに慣れて正解だったと思っています。

 

なぜかというと、長期的にはアケコンの方が実力を伸ばせるはずだと思うからです。

パッドではキツイ操作も、アケコンでは容易にできます。

慣れが必要ですが、アケコンを使うメリットは大きいので頑張りましょう。

 

操作音が大きい

アケコンはパッドと違い操作音が大きいです。

レバーの「ガチャガチャ」音や、ボタンを押したときの「パチン!」といった音が響きます。

 

特に、アパート暮らしや夜間に格ゲーをアケコンでする際は注意が必要です。

本人が思っている以上に操作音が大きいです。

 

では、アパート暮らしや夜間は、アケコンを使ってはいけないかというとそうではありません。

実は、静音レバー・静音ボタンというものが販売されています。

三和電子製静音レバーをレビュー!音も精度も良いぞコレ!

続きを見る

 

パーツをこれに変えることにより、操作音を1/3くらいに減らすことができます

音を大きく出すことができない環境にいる方は、こういったパーツも検討してみてください。

 

たー坊
近所迷惑にならないように気を付けましょうね!

 

収納スペースをとる

パッドだと、机の上に置いてもそこまで場所を取りません。

しかし、アケコンの場合はそうはいきません。

 

基本的にアケコンは重く大きいです。

机の上に置いておくと邪魔になります。

なので、購入前には収納場所があるか確認しておく必要があります。

 

Victrix Pro FS 縦置き

 

実は、私の使っているVictrix Pro FSは、立てて置くことができます。

なので、置き場所に困りません。

もし、アケコンの置き場所に困っているようでしたらVictrix Pro FSがおすすめですよ!

 

まとめ

アケコンは高価な買い物ですが、格ゲーのやりやすさが劇的に変わります。

特にパッドで挫折している初心者さんには、アケコンをおすすめしたいです。

 

私もパッドで格ゲーをしていた頃は、なかなか技が出なくて困っていました。

しかし、思い切ってアケコンを買ってみたら世界が変わりました。

今では簡単に技を出すことができ、最大限に格ゲーを楽しめています。

 

こういった私の経験からも、アケコンの方が格ゲーをやりやすいと思います。

あなたもアケコンで、格ゲーを最大限に楽しみましょう!

 

 

たー坊
最後まで読んでいただきありがとうございました。

-アケコン
-, ,

© 2023 たーぼっくす Powered by AFFINGER5