ゲーム機本体

ゲーミングPCを買う前に知っておきたいパーツの知識

ゲーミングPC

こんにちは。

 

近年e-sportsが発展しており、大会で活躍するプロゲーマーが増えてきました。

プロたちのプレイスタイルは、見ているこちらも魅了されますよね!

 

そんなプロゲーマーの姿に魅せられて

 

ぴよ子
自分も同じゲームをやってみたい!

 

と感化された方もいるのではないでしょうか。

そういった方がゲーミングPC(パソコン)を買う前に、まずはPCを知ってもらおうと記事にしました。

 

この記事を読めばPCの仕組みが理解できますよ!

 

ゲーミングPCとは?

ゲーミングPC

e-sports大会の動画などを見ていると、プロ選手の隣にはPCがありますよね。

このPCは、マザーボード・CPU・メモリ・電源・グラフィックボードなどあらゆるパーツが高性能なものとなっています。

これらのパーツが備わったPCをゲーミングPCといって、ゲームを快適にプレイすることに特化したPCなのです。

 

たー坊
動画視聴やネットサーフィンもできますが、それのみだと宝の持ち腐れです。

 

PCパーツとは?

ゲーミングPCの内部

PCはパーツ単体で動くものではありません。

必要なパーツを組み合わせて、初めてPCとして使用できるようになります。

 

最低限PCを動かすためには、

・CPU

・CPUクーラー

・マザーボード

・メモリ

・ストレージ

・電源

・OS

が必要となります。

 

ここに

・PCケース

・グラフィックボード

・サウンドカード

・光学ドライブ

などのパーツを使用することにより、PCを強化することができますよ。

 

各パーツがどのような効果をもたらすのかを詳しく見ていきましょう。

 

CPU

CPUの画像

CPUはPCの頭脳といえるメインパーツです。

 

たー坊
別名プロセッサーと呼ばれることもありますよ。

 

さまざまな機器からデータを受け取り、コンピュータで演算・制御を行います。

CPUは、PCで最も働くパーツです。

それゆえ、CPUの性能がPCの性能や価格を左右するといっていいでしょう。

 

CPUクーラー

CPUクーラー

PCの中で最も熱くなるのがCPUです。

 

たー坊
高負荷時には100度以上の高温になりますよ。

 

CPUクーラーがついてないとすぐにCPUが熱くなるため、マザーボードの保護機能により電源が落ちます。

ですので、CPUとCPUクーラーは切り離せない存在です。

 

CPUとCPUクーラーがセットの製品と、別売りの製品がありますので、CPU購入時には注意しましょう。

 

マザーボード

ゲーミングマザーボード

マザーボードはPCの土台であり、パーツとの橋渡しをする電子基盤です。

 

たー坊
M/BやMBと略されることがありますよ。

 

PCは電源の供給や、相互に通信する回路が必要になります。

そこで必要になってくるのがマザーボードです。

マザーボードは全てのパーツと繋がっており、複雑な回路にてパーツ間の橋渡しを行っています。

 

マザーボードはひとつのコンピューターとして動作するために必要なパーツといえるでしょう。

 

メモリ

メモリ

メモリとは、データを一時的に記憶する場所になります。

 

たー坊
RAMとも呼ばれますよ。

 

分かりやすい例えをすると、ワークスペースといえます。

あなたが仕事をしている時、スペースが狭いと作業がしにくいですよね。

それに比べてスペースが大きいほど、机の上にさまざまな道具をのせる事ができ、作業がしやすくなります。

 

それとメモリは似ており、PCでソフトを起動している時にメモリはワークスペースとして使われます。

そのため、メモリの容量はPCの動作速度に影響を与えます。

 

ストレージ

HDD

ストレージとは、データを保存しておくための補助記憶装置です。

 

メモリに一時的に記憶されたデータは、PCの電源を切ると消えてしまいます。

それでは大事なデータが消えてしまうため、ストレージに保存していつでも見られるようにします。

 

ストレージにはさまざまな種類があります。

・HDD

・SSD

・NVMe

・USBフラッシュメモリ

・光ディスク

・磁気テープ

・SDカード

 

このうちPC内部に使用するストレージは、HDD・SSD・NVMeです。

これら3つの特徴は、

容量:HDD>SSD>NVMe

速さ:NVMe>SSD>HDD

価格:NVMe>SSD>HDD

となっていますよ。

 

メモ

・HDDは大容量データの保存に適しているでしょう。

・SSDは普段使うゲームなどのソフトを入れておくと起動が速くてストレスが無いですよ。

・NVMeはOSなどを入れておくと起動が速くてPCの待ち時間が削減されますよ。

 

電源

ATX電源

電源はPCに全体に電気を流す重要な役目があります。

コンセントから供給される交流電流を直流電流に変換し、各パーツに電気を供給します。

安定している電力供給は、PCパーツの安定した動作・故障率の低下につながります。

 

基本的に、PCが高性能になるほど必要電力は上がります。

ここで電力が不足しているとPCが起動しなかったり、電源が落ちてしまうトラブルが発生してしまいます。

 

そのようなトラブルを回避するためにも、その他のパーツの必要電力の合計が分かってから電源を選びましょう。

 

OS

Windows10の箱

OSは、コンピューターを動かすためのソフトウェアです。

 

たー坊
OSとは、オペレーティングシステムの略語ですよ。

 

コンピューターを管理・制御し、人々が使えるようにしてくれています。

 

OSはどんなPCにも必要不可欠です。

PCでのいろいろな作業も、OSの上で成り立っているのですよ。

 

PCケース

ゲーミングPC

PCケースは、PCパーツを入れる箱です。

PCケースが無くてもPCは動きます。

しかし、安全性・外部からの衝撃・ホコリ・湿気・冷却性能・見た目からPCケースを選ぶ人がほとんどです。

 

PCケースは、コンパクトなものから拡張性の高い大きなものまであります。

選んだパーツによって、収まるPCケースの大きさが変わってきます。

特に高性能グラフィックボードや、大型CPUクーラーを選んだ方は注意が必要で、PCケースに収まりきらないなんてことが無いようにしましょう。

 

グラフィックボード

ゲーミンググラフィックボード

グラフィックボードは、モニターに映像を出力するためのパーツです。

 

たー坊
主に、PCでゲームをする際に必要になってくるパーツですよ。

 

もちろんe-sportsで使われるPCにも、グラフィックボードが搭載されています。

 

CPUやマザーボードの中にも、グラフィックボードが搭載されているものがあります。

これを『オンボードグラフィック』と呼びます。

しかし、オンボードグラフィックでは、独立したグラフィックボードと比べて性能が大きく劣っています。

 

近年、3Dゲームが要求するグラフィックボードのスペックはとても大きくなっています。

これはオンボードグラフィックでは補いきれません。

ですので、プレイしたいゲームのスペックに合わせてグラフィックボードを用意する必要があります。

 

たー坊
餅は餅屋という事ですね。

 

また、高性能グラフィックボードは、サイズが大きいのでPCケースに入るか注意が必要です。

 

サウンドカード

サウンドカード

サウンドカードは、音声の入力・出力を付加または強化する拡張用基盤のことで、音源を出力するパーツです。

 

昔のPCは、サウンドカードをつけなければ音声が出力できませんでした。

そのためサウンドカードはPCに必須のパーツでした。

 

しかし現在では、マザーボードにサウンドチップが搭載されている(オンボード)ため音声の出力がサウンドカード無しでもできるようになりました。

 

ぴよ子
えっ!じゃあサウンドカードはいらない子なの?

 

たー坊
いえいえ、そうではありませんよ。

 

現在のサウンドカードは、音声に付加価値をつけるパーツとなっています。

サウンドカードを付けることで、オンボードサウンドでは聞こえなかった広い音域や、細かい音まで聞こえるようになります。

これは、ゲームや動画観賞において、リアルで迫力のある音声を楽しむことができるということですよ。

 

また、ゲームプレイにおいては音が重要です。

FPSなどの3Dゲームでは、敵の足音や銃声など細かい音を察知することが大切になってきます。

格闘ゲームでは、攻撃のヒット確認などに音が重要視されます。

そういった音声もサウンドカードを取り付けることではっきり聞こえるようになるので、ゲームのクオリティを引き出すことができます。

 

たー坊
PCでゲームをするならぜひ取り入れたいパーツとなっていますよ。

 

ぴよ子
ぼくもパソコンに付けてみるよ。

 

光学ドライブ

光学ドライブ

CD・DVD・Blu-rayなどからデータを読み込む装置となっています。

ゲームのインストール、音楽観賞、映像観賞などにも必要となってきます。

 

しかし、最近はネットでダウンロードができる製品が多く存在しています。

ですので光学ドライブを使う機会は少なくなってきています。

 

たー坊
後付けも可能なので、思い切って光学ドライブを無くすのも一つの選択ですね。

 

まとめ

PCパーツは一つ一つがどんなに良くてもそれ単体では動きません。

全てのパーツがそろって初めてPCとなるのです。

また、パーツへの理解が深まるとPCを自分で自作することも可能ですよ。

 

たー坊
憧れのあのプロゲーマーと同じゲーミングPCも自作することができますよ!

 

 

 

たー坊
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

-ゲーム機本体
-, ,

© 2023 たーぼっくす Powered by AFFINGER5