アケコン

HORI製ファイティングエッジ刃をレビュー!このアケコンただものではない。

 

HORI製アケコン『ファイティングエッジ刃』を入手しました!

 

プロゲーマーsakoさんの使用モデルです。

プロの世界でも通用するアケコンって、どんなものか気になりませんか!?

なので、私が実際に使ってみたレビューをします!

HORI製史上最高性能のこのアケコンが、どんな魅力を持っているのか見ていきましょう。

コレ、めっちゃ良いですよ!

 

ファイティングエッジ刃のデザイン

一目見て思わず「カッコイイ…。」とつぶやいちゃいました。

スッキリとして、高級感のある見た目をしているんです。

間違いなく、所有欲を満たしてくれる一台ですよ!

 

ただし、冬は冷たいです。

なぜかというと、天板にアルミニウムが使用されているからなんです。

凍えながら操作することになると、正確な入力ができませんよね?

なので、あらかじめ温めておくなどしておくと良いですよ。

 

また、手垢が目立ちます。

べたべた触ると、天板が白くくすんだ手垢まみれになるので注意が必要ですね。

 

ファイティングエッジ刃の操作感

レバー・ボタン共に『HAYABUSAユニット』を使用しています。

これは、HORI製のレバーとボタンのことですよ。

これはただの豆知識ですw

まずは、レバーから説明していきますね。

このレバーは、少し固めの入力感になっています。

三和よりちょっと固め』といえばわかりやすいでしょうか。

しっかりとした手ごたえで入力することができますよ。

 

多分皆さん気にされている、ウワサの『斜めが入りにくい』という現象についてです。

先に言っておきます。

そのようなことは全くありません。

 

確かに、三和レバーと比べて精度が高い入力を必要とされます。

そのわけは、三和レバーは斜めに入力すると、その周りの方向も拾いやすいからなんです。

一方、HAYABUSAレバーは斜めに入力すると、ほぼその方向にしか入力が反映されません。

 

誤解を恐れずに言うならば、要するにこういうことです。

  • 三和レバー=入力補正あり
  • HAYABUSAレバー=入力補正なし

 

下の2枚の画像を見てください。

これは、三和レバーとHORIレバーで『右斜め下』への入力を検証したものです。

それぞれ5回ずつ入力し、正確性を調べました。

画像の左側の矢印が入力精度です。

 

三和レバー

▲三和レバーは5回中2回他の方向を拾った。

 

HORIレバー

▲HORIレバーは5回中1回他の方向を拾った。

 

正確に入力すれば、HAYABUSAレバーでもきちんと斜めに入ります

 

HAYABUSAレバーの詳しい評価は、以下の記事をお読みください。

HAYABUSAレバーをレビュー!斜めに入りにくいか答えます。

続きを見る

 

ただし、先にも説明した通り、このレバーは正確な入力が求められます。

入力の甘えが一切通用しないため、多少使い手を選ぶレバーとなっています。

「精度に自信のある方」や「精度の良い入力を練習したい方」におすすめできるレバーですよ。

 

音にも注意が必要です!

「ガコガコ」という音が出ます。

それなりに大きめなので、夜間は自重する必要がありそうですね。

「夜も格ゲーやりたい!」

そう思っている方は『リアルアーケードPro.V サイレントHAYABUSA』を使ってみてください。

音を気にせずプレイに集中できますよ。

リアルアーケードPro.V サイレントHAYABUSAをレビュー!

続きを見る

 

HAYABUSAレバーは、ダイレクトな操作感があります。

ガイドに、シャフトが当たっている感覚が伝わってくるんですよね。

どのレバーでもこの感覚はあります。

しかし、これはその感覚が他より大きいんですよ。

この感覚は人によって良し悪しが割れると思いました。

 

ここからは、ボタンについてです。

このボタンは押しやすいが、多少クセもあるそんな感じですね。

個人的には面白いボタンだと感じました。

柔らかめになっており、楽に入力することができます。

入力すると素直に反応するため、扱いやすいですよ。

 

ただし、ホールド時はちょっと違います。

ボタンをホールドしていると、反発感を感じるんですよ。

長く押し続けるほど、この反発感が強く感じます。

この感覚により、自然と押す力が強まってしまうでしょう。

 

入力したときの音は「ペチペチ」と鳴ります。

このボタンは静音ではないため、それなりに音が出ます

音が気になる方は、静音ボタンも検討してみると良いでしょう。

 

ひざ置き時の使用感についても触れておきます。

手前の傾斜の角が腕に当たってちょっと気になります。

痛い事はないですが、常に角で腕が支えられている感じですね。

「もうちょっと傾斜を滑らかにしてほしかった。」と感じました。

 

ファイティングエッジ刃のサイズ

サイズ:約 (W)475mm x (D)285mm x (H)115mm

アケコンとしてはかなり大きめです。

大きさの恩智により、ひざ置き時に窮屈な姿勢にならなくて済みますよ。

ゆとりをもった姿勢で試合に集中できます。

 

重さは3.5kgと、アケコンの中でも重量級です。

この重さにより、操作していても全くズレることがありません。

抜群の安定感で試合をすることができますよ。

 

ファイティングエッジ刃の入力遅延

こちらは『物理的遅延』と『内部遅延』の2つの項目から説明をしていきます。

物理的遅延とは、レバーやボタンを入力してから、スイッチが反応するまでの距離。

内部遅延とは、アケコン内部の基盤による遅延を表しています。

 

物理的遅延

レバーについて。

良い塩梅でセッティングされています。

ストロークが長すぎることがないため、素早い入力が可能ですよ。

 

内部のスイッチの反応も良いです。

約半分のレバーストロークで入力が反映されます。

レバーに物理的な遅延は感じられません。

 

ボタンについて。

薄く、ストロークは短めです。

反応が良く、少し押すだけで入力が反映されます。

なので、ボタンの物理的遅延に悩まされることはありません。

▲青が三和ボタン。黒がHORIボタン。

 

内部遅延

HORIさんは、内部遅延を公表していません。

よって、私が使用した体感の遅延を書きます。

 

ファイティングエッジ刃は、victrix Pro FSやQanba Obsidianと同等くらいの内部遅延だと思われます。

アケコンの回路や基盤による遅延は、全く気になりません。

ほぼ内部遅延はないといっていいでしょう。

▲超小さい基盤。

 

ファイティングエッジ刃のカスタマイズ性

6か所のネジを外すことで、アケコン内部にアクセスできます。

▲ネジを外すときは注意!保証のシールをはがすとメーカー保証が切れます

 

レバー・ボタン共に三和・セイミツに互換性があり、簡単に交換することができますよ。

HAYABUSAユニットに馴染めない方は、パーツを交換するのも一つの手ですね。

▲レバーを三和製に、ボタンの青いところも三和製に交換してみた。

 

ファイティングエッジ刃のUI

このアケコンには、いろいろな機能があります。

その機能を紹介していきますね。

 

トーナメントモード

このボタンは、大会で使用すると便利です。

大会では、PSボタンなどの試合を中断するボタンを押してはいけません。

なぜなら、ペナルティを受けたり、最悪の場合失格となってしまうからです。

 

どんなに気をつけていても、事故はおこる可能性があります。

そういったことを未然に防いでくれるのが、トーナメントモードです。

 

トーナメントモードは、以下のボタンの入力を無効化できますよ。

  • PSボタン
  • OPTIONSボタン
  • シェアボタン

このモードを使って、大会で不利にならないようにしましょう。

 

DP LS RS

レバーが対応する入力を、PS純正コントローラー(DS4)の3つの入力に変更することができます。

変更できるのは以下の3種類です。

  • DP=十字キー
  • LS=左アナログスティック
  • RS=右アナログスティック

格ゲー使用時には、DP or LS に設定しましょう

 

ASSIGN

アサイン機能を使えば、ボタンの割り当てを変更することができます。

例を挙げると、

「L1にタッチパッドを割り当てる」

「ボタンに方向キーを割り当てる」

こうしたことが可能になります。

 

割り当て変更できるボタンは以下の10種類です。

〇 × △ □ L1 L2 L3 R1 R2 R3

ボタンの割り当てを変更することで、トレーニングモードなどでの効率が良くなるでしょう。

 

誤入力を防止するボタン配置

アケコン天板側に配置されているボタンは、以下の4つです。

  • レバー
  • ボタン
  • PSボタン
  • OPTIONS

PSボタン・OPTIONSボタンは、レバー・ボタンから離れた位置に配置されているため、誤入力の心配がありません。

 

アケコン右側面に配置されているボタンは、以下の6つです。

  • TOURNAMENT
  • ASSIGN
  • DP・LS・RS
  • L3
  • R3
  • SHARE

頻繁に使わない機能がこの位置にあります。

こうした位置に配置することで誤入力を防止しています。

 

アケコン背面に配置されているのは、1種類のみです。

  • タッチパッド

タッチパッドは、トレーニングモードで頻繁に使用します。

背面に配置することで、利便性が向上していますよ。

 

ファイティングエッジ刃の機能性

このアケコンは便利機能満載です!

その機能を紹介しますね。

 

アケコン手前にイヤホンジャックがあります。

ヘッドホンを使用するプレイヤーにはうれしい機能ですね。

 

このイヤホンジャックですが、Victrix Pro FSのイヤホンジャックよりも音質が良く感じられます

今まで聞こえてこなかった音が、クリアに聞こえてきました。

音質も重視する方は、ファイティングエッジ刃がおすすめです。

 

ただし、注意点があります。

イヤホンジャックがPCに対応していません

この点を理解してから買いましょう。

 

裏面には、大きめのすべり止めがあります。

アケコンの大きさ・重さ・すべり止めにより、ひざ置き操作時も安定した入力が可能となっていますよ。

 

HORI伝統?のケーブルを収納できるスペースがあります。

これで、ケーブルをアケコン本体に巻かなくて済みますね。

 

また、収納スペースの蓋に穴が空いています。

そこから必要な分だけ、ケーブルが出せるような仕組みになっています。

もう長いケーブルの管理の必要はありません。

▲見えにくいが、収納の蓋の穴からケーブルが出ている。

 

ファイティングエッジ刃の価格

ファイティングエッジ刃の価格は、約23,000円です。

 

HORI製アケコンの中で最高性能となりますので、価格はそれなりにします。

しかし、考えてみてください。

プロ選手と同じ性能のアケコンが、この価格で手に入るのです。

  • 勝ちにこだわる方
  • アケコン選びに失敗したくない方

こういった方に、ファイティングエッジ刃はおすすめですよ!

 

総評:勝つために生まれてきた刃

ファイティングエッジ刃は、アケコンの中でも最上位クラスに入ります。

その性能は、競技使用を前提に作られています。

 

「オンライン対戦で勝ちたい。」

「大会に出場し、勝利をつかみたい。」

こういった方には、ファイティングエッジ刃がおすすめです。

 

このアケコンで、ライバルとの差をひらき勝利に近づきましょう!

 

 

たー坊
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-アケコン
-, ,

© 2023 たーぼっくす Powered by AFFINGER5