アケコン

HORI製ファイティングスティックをレビュー!ビギナーにおすすめのアケコン

 

『ファイティングスティック』を手に入れました!

HORIさんの中では、ビギナークラスに位置するアケコンです。

これが予想してたより良かった!!

 

さっそく実力をレビューしていきますね。

その性能やいかに!?

 

ファイティングスティックのデザイン

 

さすがHORI!

デザイン優秀です。

 

ガワ自体はプラスチック感満載…。

なんですが、安っぽさはさほど感じません。

  • 天板の艶やかさ
  • バーチャル的なイラスト

がカッコよく、目を引きます。

個人的にはRAP.Vのデザインに負けてないと思いますよ👍

 

ファイティングスティックの操作感

 

初めは「小さいアケコンだから使いにくいんだろうなぁ。」と思ってました。

だが、そこまで心配しなくて良さそう!

 

なにげにサイズ感が良いんですよ。

サイズはこんな感じ。

約 (W)335mm x (D)230mm x (H)110mm (スティックレバー含む)

 

「ひざ置きしたときに重さも大きさも足りないかな?」

といった感じはあります。

 

しかし、裏の滑り止めがいい仕事してるんです!

激しめの操作をしてもズレることはありません。

 

「大きくて重いアケコンがは苦手…。」

こういった方!

ファイティングスティックがおすすめ。

これなら信頼して格ゲーに集中できますよ。

 

レバーとボタンに手を添えてみると…。

「ちょっと違和感あるな。」

というのも、左腕がガワの角に当たるんですよね。

これ、短時間のプレイなら全く問題になりません。

しかし、長時間操作し続けるとなると話は別なんですよ…。

 

レバー操作をするにあたって腕が支えになるんですね。

その状態を長く続けると、めっちゃガワが腕に食い込みます

痛いくらいに。

 

もちろんレバーの持ち方は人それぞれ。

痛くならない方もいると思います。

あくまで私がする"ウメハラ持ち"とアケコンの相性が悪かったのだと思いますねぇ。

 

気になるレバー&ボタンの操作感について。

まずはレバーから。

 

結構固めです。

セイミツレバーに近い重さを感じました。

しっかりとした入力感が好きな方は気に入ると思いますよ。

 

レバーに使われている技術にも注目!!

Vカットハウジングという機構が採用されています。

これにより精度の良い入力が可能となっているんですよ。

で、このVカットハウジング。

実は、HORI製のハイエンドアケコン『ファイティングエッジ刃』にも使われているんです!

それがビギナー向けのアケコンにも備わっているんですよ。

すごいですよねぇ~。

 

しかし、操作してみた感想は 「うーん…。」 といった印象。

斜め入力が混ざるコマンドが出にくいんですよね。

特に波動拳コマンド。(236+P)

 

単発ならしっかり撃てます。

しかし、コンボ中の波動拳は結構出にくい。

思わず「出んっ!!」と叫んでしまいました。(汗)

 

あまりにも出ないため

「もしかして、私の腕が悪いだけでは?」

と思い手持ちのRAP.V HAYABUSAで入力してみました。

すると…。

めちゃくちゃコンボが完走しやすいんですよ!

コンボ中の波動拳コマンド!?

そんなの楽勝です♪

 

「なんで同じHORIレバーなのにこんなにも違うのか?」

と、思い製品の箱の裏を見てみたら、なんとっ!

ファイティングスティックのレバーはHAYABUSAではなかったんです😨

▲RAP.Vの箱の裏にはHAYABUSAユニットと書いてある。

 

▲ファイティングスティックには書いてない。

 

どうりで操作感が違うわけだ…。

レバー1つで操作性は大きく変わるものだと痛感しましたよ。

 

で、このファイティングスティックのレバーで、コンボ中の波動拳コマンドを確実に出す方法。

それは…、

 

ガイドをしっかりなぞるように入力すること。

これに尽きますねぇ。

うん…。

 

ボタンについて。

こちらもHAYABUSAではないもよう。

固さはセイミツより重め。

押した手ごたえをしっかり感じたい方におすすめできます。

 

で、気になる操作感はというと…。

「悪くないな。」

といった感じ。

 

ストロークは大きめ。

高性能ボタンのように

「遅延が少ない!」

とかそういったことはありません。

基本的なボタンの機能を持っているといったところです。

 

しかし、何より『入力している楽しさがこれにはある!

持ち前の重さ&ストロークにより『押した』感があるんですよ。

この感覚好きな方も多いのでは!?

私個人としては超好物の押し心地ですね♪

 

しかし、欠点もありまして…。

ボタンの角は入力されにくいんです。

「あれ?押したのに…。」といったことが起こりました。

なので、角の入力は強めに行う必要があります。

注意しましょう。

 

ファイティングスティックのカスタマイズ性

 

実はこのアケコン。

部品の換装が可能なんです!

 

これなら、レバーやボタンに不満が出ても後から

  • 三和
  • セイミツ

に交換できちゃうんですよ☆

ビギナークラスなのにすごいですよね~。

 

自分好みにカスタムするのもアケコンの楽しみのひとつです。

せっかくの機能ですからどんどんパーツ交換しちゃいましょう!

※カスタムは自己責任になります

 

ファイティングスティックの機能性

 

ファイティングスティックには多くの便利機能が搭載されています。

それが以下の内容です↓

  • PSボタン
  • OPTIONS
  • SHARE
  • L3
  • R3
  • ハードウェア切替
  • アサイン
  • 連射
  • 連射速度切替
  • トーナメントモード
  • ケーブル収納
  • イヤホンジャック

注意

タッチパッドは搭載されていません。

 

ここでは分かりにくい機能に絞って説明します。

 

ハードウェア切替機能

 

使用するハードによって

  • PS4
  • PS3

に切替えます。

対応したハードで使用ができるようになりますよ。

 

なお、PCで使用したい場合、ドライバをインストールする必要があります。

Windows8.1 / 8 / 7の方は、以下のURLにアクセスしてインストールしてください。

※Windows10の方は不要

https://hori.jp/info/install/

 

アサイン

 

ボタンの割り当てを変更します。

  • L1
  • L2
  • OPTIONS

を無効にしたり他のボタンを割り当てたりできますよ。

長くなるので、詳しくは購入後説明書を読んでくださいw

 

トーナメント機能

 

ロックに切替ると以下の機能が無効になります。

  • PSボタン
  • SHARE
  • OPTIONS
  • L3
  • R3
  • TURBO

大会などの重要な場面で使用しましょうね。

 

ケーブル収納機能

 

毎度おなじみ!

HORI製アケコン定番の機能。

それがケーブル収納です。

 

実は、このアケコンはいつもと少し違う位置に収納スペースがあるんですよ。

どこかというと…。

アケコンの裏!

マグネット式の蓋を開けるとケーブルをしまえちゃうんですよ。

 

しかも、使用時は蓋を閉めておくことが可能!

ケーブルが邪魔にならないように隙間があります。

そこにケーブルを這わせていくと、凹凸がないスッキリした見た目になりますよ。

これなら配線が邪魔でイライラしなくてすみますね!

 

イヤホンジャック

なんとっ!

イヤホンジャックまで付いているんです。

 

アケコンの右側を見てみると…。

ココ↓↓

 

音質も問題なし。

しっかりとクリアに聞こえます。

 

すんばらしい!

「ほんとにビギナー向けか!?」

っと思っちゃいました。

 

総評:アケコン入門におすすめの一台

ファイティングスティックは、本格的なアケコンに極めて近い性能を持った一台です。

  • アケコンがどんなものか触ってみたい
  • 使うか分からないから、高価なアケコンはちょっと…。

こんな方におすすめできますよ。

 

ぜひ、ファイティングスティックでアケコンデビューをしちゃいましょう👍

 

-アケコン
-, , ,

© 2023 たーぼっくす Powered by AFFINGER5