アケコン

サイレントHAYABUSAレバーをレビュー。静音性に優れているぞ!!

RAP.V サイレントHAYABUSAに搭載されている、サイレントHAYABUSAレバー。

音の心配なしに操作ができる、ありがたい製品です。

 

しかし、静音化に伴い、独特のフィーリングを得たこのレバーの評価は賛否分かれるみたいですね…。

どの評価を信じて良いか分からない方もいると思います。

なので、私が実際に使ってみて感じたことをレビューしていきます。

参考にしてみてくださいね。

 

当記事は、サイレントHAYABUSAレバーについてのレビュー記事です。

サイレントHAYABUSAボタンについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

サイレントHAYABUSAボタンをレビューします。静音に特化されているぞ!!

続きを見る

 

サイレントHAYABUSAレバーの操作音

ゴトゴト」と音は鳴るものの、全く気になりません。

静かすぎてビックリしました!

それもそのはず。

  • HAYABUSAレバーの約1/3
  • 三和静音レバーの約1/2

これだけの静音化がされています。

 

強めに操作しても、それほど音が大きくなるようなことはありません。

非常に静かなので、周囲に気を遣うことなく操作に集中できますよ!

 

サイレントHAYABUSAレバーの操作感

このレバーは、少し固めになっています。

だいたい、三和静音レバーと同じくらいですよ。

これくらいの固さだと、格ゲーでの正確な操作がしやすいと思います。

 

三和レバーやHAYABUSAレバーなどを、触ったことがある方もいるのではないでしょうか?

そういった方は、操作時のクリック感に期待すると思います。

…残念ですが、サイレントHAYABUSAレバーにクリック感はありません

 

なぜかというと、入力を読み取る部分がマイクロスイッチではなく、光学式だからです。

光学式とは、センサーで感知しているもののことですよ。

レバー操作により、センサーが感知ところを読み取り、入力される仕組みになっています。

これにより、静音化が実現されているのです。

 

こういったことから、マイクロスイッチがレバーに付いていないため、クリック感がありません。

「カチカチ」という入力感が欲しい方は、通常のレバーがついたアケコンを選びましょう。

 

サイレントHAYABUSAレバーの入力精度

このレバーは、少しクセがあります。

斜め方向の判定領域が狭いのです。

その分、上下左右の判定領域が広くなっていますね。

そのため、約±45°約±135°を精度よく入力しないと、斜め入力になりません。

 

これについて検証を行いました。

  • レバーを真上から徐々に右(左)にずらしていき、どこで斜め判定が出るか
  • レバーを真下から徐々に右(左)にずらしていき、どこで斜め判定が出るか
  • レバーを真横から徐々に上(下)にずらしていき、どこで斜め判定が出るか

 

検証の結果はこのようになりました。

色のついた部分が斜めに入力される範囲です。

サイレントHAYABUSAレバーの斜め方向の判定範囲

青=サイレントHAYABUSAレバー

赤=HAYABUSAレバー

黄=三和レバー

 

斜めの判定が広い順はこのようになります。

サイレントHAYABUSAレバー < HAYABUSAレバー = 三和レバー

 

サイレントHAYABUSAレバーの、斜め方向の判定範囲が少ないことが分かりますよね。

これにより、精度の高い入力が求められるのです。

 

もし、あなたが入力精度に不安があるなら、三和静音レバーを試してみてください。

こちらの方が、斜め方向が入力しやすいのでおすすめですよ!

三和静音レバーの記事リンクを載せておきますね。

三和電子製静音レバーをレビュー!音も精度も良いぞコレ!

続きを見る

 

サイレントHAYABUSAレバーの価格

残念ながら、サイレントHAYABUSAレバーは、単品販売されていません

欲しい方は『リアルアーケードPro.VサイレントHAYABUSA』を購入しましょう。

 

追記

有志の方より情報提供いただきました。

 

海外サイト

ARCADE SHOCK

にてバラ売りされています!

 

総評:静音特化型のレバー

このレバーは、静音性に特化されています。

その静かさは、他メーカーの上をいく出来に仕上がっています。

 

「音について周りに配慮しながらゲームをしたくない。」

そんな方におすすめできるレバーとなっていますよ。

リアルアーケードPro.VサイレントHAYABUSA』を手に入れて、静音快適なアケコンライフにしましょう!

 

-アケコン
-, ,

© 2023 たーぼっくす Powered by AFFINGER5