アケコン

Victrix Pro FSをレビュー。最強クラスのアケコン!

Victrix Pro FSの画像

発売日がどんどん延期になったVictrix Pro FS。

「本当に日本で発売するのか?」と皆が不安がっている中、私もじっと待ち続けていました。

もう・・・・それは気が遠くなるほどに(遠い目)

 

待ちに待って、現物が手元に届いた時のうれしさは今も忘れられません。

Victrix Pro FSの外箱

キタ――(゚∀゚)――!!

 

あれから4ヵ月。

操作する度性能に感動し、見る度そのカッコよさにほれぼれする、そんな日々を送っていました。(どんな日々やねんっw)

もちろんガンガン使い込みました!

 

長期間使ったからこそ、皆さんに伝えられる事があります。

そこで、Victrix Pro FSをレビューしていきますね!

このアケコンの良さを、あなたと共有できればうれしいです。

 

Victrix Pro FSのデザイン

Victrix Pro FSの画像

初見の感想は「ほう・・・・これがVictrix Pro FSか・・・・。」という感じでした。

いや、無感動な訳ではないですよw

待ちに待ったアケコンがついに手に入った感傷に浸っていたのです。

 

操作に必要なボタンは全て天板上部に集約されており、シンプルでカッコいい見た目をしています。

その姿は、大人のアケコンといった感じですね。

Victrix Pro FSの画像

 

ボディには、航空機に使われているアルミニウムが使用されています。

かなり頑丈な作りをしており、どんな扱いをしてもボディが壊れる事はないはずです!

どんな扱いって何する気だよっw

 

ただし、アルミニウムの欠点もあります。

冬場は天板が冷たい事です。

凍えます。

温めてから使いましょう!

 

なお、裏側はすべり止めにより冷たくないです。

ひざ置き余裕ですよ。

 

Victrix Pro FSの安定感

ひざ置き時の安定感がハンパないです。

激しいレバー操作を行ってもビクリともしません。

 

それもそのはず。

重さ約3.5kgという、アケコンの中でも超重量級の本体。

それに加えて、裏側にすべり止めが付いているのです。

本体がズレる事は全くない為、安定したレバー・ボタン操作が行えますよ。

Victrix Pro FSのすべり止め

▲裏側のすべり止め。左右の紫の部分と、真ん中の灰色の部分にも貼られている。

 

レバーとボタンに手を添えると、自然とポジションが収まります。

これは、アケコンの手前にある傾斜が、良い仕事をしていますね。

腕の角度と天板傾斜部の角度がほぼ同じなので、どっしりと腕を乗せることができるのです。

これにより、操作時の不安定さを感じる事がありません。

Victrix Pro FSの画像

 

Victrix Pro FSのレバーとボタン

気になる方も多いはず!?

Victrix Pro FSの最大の特徴であるレバー『The Link2』についてです。

 

このレバーが凄いんです!

何と、アケコン本体から脱着ができるんですよ。

やり方も超簡単なんです。

  1. シャフト部を上に引っ張る
  2. レバーを脱着する

このたった2stepで終わりです。

しかも、工具は一切必要なし。

 

「いやいや、そんなに簡単に脱着できると操作中に取れちゃうだろっ!?」

とお考えのあなた!

安心してください。

4ヵ月使用して、操作中に取れたことは一度もありません

 

「でも、脱着式だとどうせ三和標準レバーに劣るんだろ?」

と思うかもしれませんね。

しかし、それも当てはまりません。

標準レバーと互角の性能があると思っていいです。

波動拳・昇竜拳の入力は余裕でできます。

一回転コマンドも楽勝です。

 

「なんだ、ただの最強レバーか。」

と思ったら、ちょっと違うところもありました。

それは、シャフトが通常と比べて太い事です。

▲左がThe Link2。右が三和通常レバー。

  • 三和通常レバー=約11mm
  • The Link2=約12mm

この微妙な太さが操作感に影響します。

特に、使い慣れたレバーからこれに乗り換えると、握った時の感触の違いを感じると思います。

しかし、これは個人の感覚の違いなので、そこまで大きな問題ではありません。

使っていくうちに慣れるでしょう。

 

「The Link2が手に馴染まないかも・・・・。」

と、心配な方も問題ありません。

付属で通常レバーシャフトが付いてきます。

これに付け替えればいつもの三和レバーですよ。

 

レバーシャフトの交換の仕方が分からない方用に、解説記事のリンクを載せておきます。

この記事を読めば、誰でも簡単に交換できますよ!

説明書とレバーシャフト
Victrix Pro FSのレバーシャフトの交換方法

続きを見る

 

今までこんな凄いレバーを見たことがありません。

それもそのはず。

現状The Link2は、Victrix Pro FSでしか手に入らないのです!

欲しい方はお買い求めくださいませ~♪

 

ボタンには、三和電子製Φ30が搭載されています。

Victrix Pro FSの三和電子製ボタン

反応に優れており、少し押しただけでも入力を拾ってくれます。

押した感触が気持ちよく、これは良い!

格ゲーをする者にとっては神ボタンです。

 

Victrix Pro FSの遅延

格ゲーで勝ちたい方なら、遅延も気になる要素のひとつですよね?

それも問題ありません。

このアケコン、入力遅延が圧倒的に少ないんです!

 

メーカー公式発表で『5ms』です。

秒に直すと、0.005秒です。

この超低遅延さにより、瞬間的な優位を得ることができます。

 

例えば、

「ちょっと今、入力が遅れたからコンボが繋がらないだろうなぁ~。」

といった時も繋がり、コンボを完走できます。

「しまった!対空遅れた・・・・。」

これも普通に出ます。

このように、遅延が少ないと圧倒的に有利なんです。

 

メーカーが入力遅延を公表することは珍しく、自信の表れであると思われます。

まさしく本機は、最上位クラスの低遅延アケコンであり、戦いを有利にすることができますよ。

 

ワンタッチで裏蓋が開く!

他メーカーから販売されている、ほとんどのアケコンは、裏蓋がネジ止めしてあります。

それに対してVictrix Pro FSは、ワンタッチで裏蓋が開くのです!

 

これの何が便利かというと、パーツ交換や、メンテナンスの度にネジを外して裏蓋を開ける必要がないのです。

ワンタッチで「カシャッ」っと開けて内部をいじくれる。

超便利です!

 

裏蓋をネジ止めしてあるアケコンは、レバーを交換して裏蓋を閉めてネジで固定した後「しまった!レバーボールの固定を忘れた。」となった場合、またネジを外して裏蓋開けて・・・・。

あ~~~っめんどくさい!

こういう手間をVictrix Pro FSなら省けるのです。

 

もはや全てのアケコンが「ワンタッチで内部にアクセスできるようになってほしい!」と思うほど便利です。

残念ながら、各社のフラッグシップモデルの中で、ワンタッチで内部にアクセスできるのは『Razer Panthera』と『Victrix Pro FS』だけです。

しかも、Razer Pantheraの生産は終了しており、プレミアまで付いている・・・・。

なので、高スペックとこの機能を備えたアケコンは、実質『Victrix Pro FS』だけとなります。

 

この機能があるのとないのでは、利便性に雲泥の差が出ます。

ぜひその手で体感してもらいたいです!

もう、ネジ止め式には戻れませんよ。

 

Victrix Pro FSの価格

現状販売しているアケコンの中で一番高価なアケコンです。

その価格は4万円代で、PS4を買ってもおつりがくるほどです。

 

「アケコンにこの金額はちょっと・・・・。」

と、感じたかと思います。

しかし、この金額を払ってでも購入する価値があるのです!

特に、格ゲーで勝ちにこだわる方におすすめしたい以下の性能があります。

 

最強の性能

  • 0.005秒という最速の内部遅延
  • 三和電子最新のレバー『The Link2』
  • 安定の精度を誇る三和電子製ボタン
  • 入力中アケコンがズレる事のない重さ
  • ワンタッチで内部にアクセスできる裏蓋

 

この性能は、Victrix Pro FSでしか手に入りません。

勝利を目指すなら、アケコンは最良の選択をしましょう。

 

総評:勝ちにこだわる方も納得の性能

初心者~プロまでどなたでも満足できる一台です。

現在販売されているアケコンの中では、最上位クラスの性能を持っています。

ですので、性能に不満が出ることは一切ありません。

 

格ゲーで勝ちたいのであれば、Victrix Pro FSがおすすめです。

このアケコンは、勝利を目指す格ゲーマーたちにとって、価格以上の価値があります。

世界のライバルたちより有利なアケコンで、勝利をものにしましょう!

 

最強のアケコンをあなたも手にしてみてはいかがですか?

 

 

たー坊
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

-アケコン
-, ,

© 2023 たーぼっくす Powered by AFFINGER5